sch-title sch-subtitle

ayanoha YOGA プラクティショナー 詳細

初級

  1. ayanoha YOGA の基本概念•理論
  2. ayanoha 独自のアーサを学ぶ
    • Bhruna asana(Sarum adjustment)/仙骨調整
    • Mayuri asana(The for arm cross)/孔雀のポーズ(前腕クロス)
  3. ayanoha YOGA の哲学
    • 伝統的なヨガ哲学•ヨガの歴史
    • 実生活でヨガ哲学を活かす方法とは?
    • 自由性を阻害する自分自身の固定観念と向き合う
  4. ayanoha 身体論~生理解剖学~
    • 身体がゆるんでいる状態とは?
    • 呼吸の仕組みと働き
    • 感情と横隔膜の関連性と起こる身体的症状
    • 身体をゆるめると何が起こるか体感する
  5. 総論/安全且つ個々に併せたセルフケアと指導法
    • 適切なインストラクション
    • 生徒とのラポール(信頼関係)の保ち方
    • 個々に併せた指導法
    • インストラクションのバリエーションと増やし方
  6. リクリエーション
    • リクリエーションの時間を設けますので、質疑応答また実生活にどんな風に活かしていったら良いかなどリラックスした雰囲気の中、自分らしく生きるとはなにか? について大城綾がこれまでの経験からみなさんとコミュニケーションをとりながらお話していきます。
sch-yoga-pla-img1

中級

  1. ayanoha YOGA とハタヨガのアーサナの違い
  2. 実技 アーサナ(ポーズ)
    • タダーサナ/山のポーズ
    • マユリアーサナ/前腕クロス
    • アドゥ•ムカ•シュヴァナーサナ/下向き犬のポーズ
    • アルダ•ウッタナーサナ
    • ウッタナーサナ
    • アルダ チャタランガ/板のポーズ
    • アルダ ダンダーサナ/手足で支えた棒のポーズ
  3. ayanoha YOGA の求める世界とミッション
    • 自己に対するものと他者にたいするもの
  4. ayanoha YOGA の成り立ち
  5. ayanoha YOGA の症例
  6. ayanoha YOGA インストラクターとしての資質と心得
  7. プロップなどを用いた瞑想の際の楽な座り方
  8. ベーシックな太陽礼拝と ayanoha 流太陽礼拝の違いを体感
  9. 分かりやすいインストラクションの方法
  10. それぞれの症状に合わせたケア
  11. 整形外科医師 鈴木太郎先生から学ぶ生理解剖学
    〜解剖学総論〜
    1. 骨学基礎知識/骨のはたらきとしくみ•関節可動域運動の種類
    2. 筋肉の働きについて
    3. 自律神経について
    4. 呼吸運動と横隔膜のしくみ
    ※こちらの講座は、YOGA・CARE 合同で開催します。
sch-yoga-pla-img2

上級

  1. 整形外科医師からみたヨガインストラクター•セラピストに必要な基礎要素
    • ヨガインストラクターやセラピストに必要な指導する際の注意点や心構えのお話
    ※こちらの講座は、YOGA・CARE 合同で開催します。
  2. エネルギーについて
    • ナーディーとその種類
    • チャクラとその働き及びマントラ
  3. 実技 アーサナ(ポーズ)
    • ヴィラヴァードラーサナ/戦士のポーズ
    • ウッティタ•トリコナーサナ/伸ばした三角のポーズ
    • ヴィルク シャアーサナ/立木のポーズ
    • バッタ コナーサナ/合蹠のポーズ
    • ジャサラ パルヴァルタナーサナ/ツイストのポーズ
    • ジャヌ シールシャーサナ/座位で頭を膝につけるポーズ
  4. 首•仙骨をゆるめる事で生体に及ぼす生理学的効果
  5. ヨガ哲学を現実社会に活かす方法
  6. 二つの主要な瞑想法
  7. シークエンスの組み方
sch-yoga-pla-img3