Yoshikaクラス*5月のテーマ「清々しい季節です♬呼吸を深めて、筋肉にたくさん酸素を送ろう!インナーマッスルを鍛えよう!」

Yoshikaクラス*5月のテーマ「清々しい季節です♬呼吸を深めて、筋肉にたくさん酸素を送ろう!インナーマッスルを鍛えよう!」
こんにちは!
インストラクターの喜香(Yoshika)です。

いや〜良い季節ですね♬
ayanohaの中も、初夏を知らせる心地よい風が通っています。

レッスンのとき、窓を開けると心地よい風。
アーサナの静止のとき心地よく感じるのは、この空気感のなか、呼吸がいっそう深まるからではないでしょうか。

気づけば5月!
ほんと一日一日が早いものです。

インストラクターそれぞれ、毎月クラステーマを更新しております。
今月のYoshikaクラスのテーマは、

呼吸を深めて、筋肉にたくさん酸素を送ろう!インナーマッスルを鍛えよう!

Yoshikaクラス*5月のテーマ「清々しい季節です♬呼吸を深めて、筋肉にたくさん酸素を送ろう!インナーマッスルを鍛えよう!」

ということで、
皆さん、『インナーマッスル』や、『体幹』ってよく聞きますよね!
ダイエットにはインナーマッスルを鍛えるといい、スポーツには体幹を鍛えるといい、などよく聞きますね。

私もヨガを続けてきて、体幹が働いてるなとか、インナーマッスルが鍛えられて引き締まった!と感じます。
特に、背中や、お腹、腰回りが引き締まりましたね。
それは同時に、腰痛が緩和されたことや、姿勢が整ってきたときにすごく実感するようになりました。

体幹、インナーマッスルって、どこにあるの?

体幹とは、おおむね人間の胴体部分にあります。骨盤、背骨、肋骨(胸郭)、肩甲骨と、その周囲を取り巻く表層筋(アウターマッスル)と、深層筋(インナーマッスル)をさしています。腹腔を囲む部分(腹腔とは腹横筋、多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群)、いわゆる体幹深層筋(インナーマッスル)。
インナーマッスルとは、筋トレして鍛えられる表層の筋肉ではなく、深層部にある小さい筋肉。体の奥深くにあることから、深層筋とも言います。股関節、肩関節、体幹部などにあります。

体幹を”場所”、インナーマッスルを”深さ”と、思っていただくとわかりやすいかもしれません。 体幹を鍛えることに、インナーマッスルも含まれますし、インナーマッスルを鍛えることに体幹も含まれます。

ayanohaYOGAは鍛える前に、仙骨調整や骨盤調整を行い、リラックスする神経(副交感神経)に働きかけてカラダをゆるめます。
ayanohaCAREでも、動く前に仙骨調整や肩甲骨アジャストメント(マユリアーサナ)を行い、カラダの緊張をゆるめます。

このゆるめることは、リラックスするだけではありません。
こころの緊張をとることで、筋肉や内蔵の緊張をとっていきます。筋肉がゆるむことで、中心軸が分かりやすくなり、軸を意識することで、動かしづらいコアな筋肉を鍛えることができます。この動かしづらいコアな筋肉が、体幹やインナーマッスルになります。

Yoshikaクラス*5月のテーマ「清々しい季節です♬呼吸を深めて、筋肉にたくさん酸素を送ろう!インナーマッスルを鍛えよう!」
Yoshikaクラス*5月のテーマ「清々しい季節です♬呼吸を深めて、筋肉にたくさん酸素を送ろう!インナーマッスルを鍛えよう!」

カラダをゆるめて緊張をとってから、力強いポーズをとること、鍛えることで、呼吸が深まり筋肉にたくさん酸素がいきます。
それにより、血流も良よくなり、筋肉の収縮・弛緩の動きもスムーズになるので、インナーマッスルが鍛えやすくなります。

インナーマッスルを鍛えることで、内蔵の位置が戻ったり、関節が安定します。

私たちの身体の骨や臓器が本来の位置に戻ろうとすれば、自然と姿勢も良くなり、腰痛や肩こりも緩和されていきます。
それには、カラダをゆるめて緊張をとり、深いところにある筋肉(インナーマッスル)を鍛えることも大切です。

姿勢を維持する筋肉、脊柱起立筋もインナーマッスルです。

筋肉は血液を循環させたり、身体の熱を生産する役割もあります。
それには、インナーマッスルが深く関わってきます。

*次回は、筋肉の仕組みや役割り、実際クラスで行うアーサナもゆるめて鍛えるとどんないいことがあるの?など、見ていきますね。

Yoshikaクラス*5月のテーマ「清々しい季節です♬呼吸を深めて、筋肉にたくさん酸素を送ろう!インナーマッスルを鍛えよう!」

体幹、インナーマッスルを鍛えて、夏までに引き締まった身体へ♬
そして、姿勢を整えたいかたや腰痛を緩和したい方など、ぜひじっくりと時間をかけて、おこなっていきましょう♬

一緒にクラスで、ゆっくりと呼吸を深めましょう。

今月もよろしくお願いします。

●クラススケジュールはこちらから
クラス

●イベントスケジュールはこちらから
イベント

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!