女性のカラダってすごい!女性であるが故の生きにくさ、子宮トラブルで悩まれる方へ

こんにちは!ayanoha代表大城綾です。

先日、女性の『わたしのためのケア』講座がありました。
こちらの講座は、お産の現場に携わる助産師小田木沙織先生をお招きし
講座をすすめております。

同じ助産師さんでも、何を大切にして生きているかで学んでらっしゃること
興味を持たれることが違いますよね。

私が小田木先生を尊敬するのは、女性の一生を通して女性のカラダを捉えていること。
その哲学や生き方が本当にかっこいいです。

正しい知識を身につけて、カラダを知ることで
私たち女性ってこんなにすごいことができる力があるんだ。

女性のカラダってすごい!女性であるが故の生きにくさ、子宮トラブルで悩まれる方へ
*出産前から通ってくださっていたみかさん♫

なんだか、それだけで・・・
もう男よりも十分得じゃないか〜?
みたいな 笑。

そんな感動の時間です。
女性は社会的にも家庭の中でも
とてもとても求められることが多くて
常にできることを強いられてしまい
でも、実は既にできていることに目を向けると

そんなにできなくても、もう十分頑張っているし
周りのために生きてますよね。
女性って、自然と種族や仲間を大切にする
そういう生き物なんだと思います。

女性のカラダってすごい!女性であるが故の生きにくさ、子宮トラブルで悩まれる方へ

前回の学びは、小田木先生のテキストを用いながら
こんなことを学びました。

1、女性ホルモンの分泌システム
2、PMS 月経前症候群はなぜ起きる?
3、女性のリズム 誕生から初潮 生理 閉経 閉経以降まで
4、子宮 生殖器の仕組み
5、ホルモンを出すために大切にしたい生活習慣と心の持ち方

私はこんな発見がありましたよ!

そうか、だから生理前ってイライラするんだね〜とか
排卵期って、狩りの時期だから、お洒落でもして外出したくなるのか〜とか

女性ホルモンを活性化して
幸せいっぱいで生きるには

ボケーッと
ゆる〜ッと

するのも大事。
生理前に眠くなるのは、それがカラダにとって大切なことだから。

少しお仕事、サボってもいい。
お料理をやめて、お惣菜にしたっていい。

そんな風に、自分への課題をゆるめてみると
ジワ〜っと愛情ホルモン、オキシトシンでいっぱいになって
できない自分も、できないことを許してくれる周りへも
愛でいっぱいになる気がしました。

女性が生きやすくなる応援をしていきます!!

次回は21日、募集中です!!

受精から出産まで

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!