12月Yoshikaクラス~心の柔軟性~ もっとここちよくなるために! *肩甲骨、頚椎編

こんにちは!
ayanohaYOGA公式インストラクターの喜香(Yoshika)です。

今年も、残すとこ一週間となりましたねー!
みなさん、今年はどんな年でしたか?

特別なことはなくとも、
変化がなくとも、
日々健康なからだがあり、
色々をかんじるこころがあること。
それだけで、自身も周りのかたも、じゅうぶん幸せなのですね。

さて、今月のクラステーマを少し掘り下げて先日こちらの記事を書きました。
こちら🔽
12月Yoshikaクラス ~心の柔軟性~ もっとここちよくなるために! *仙骨編

12月Yoshikaクラス~心の柔軟性~ もっとここちよくなるために!  *肩甲骨、頚椎編

仙骨はものすごーく大事!というお話☆
仙骨を語り出したらまだまだいける!笑

仙骨大好きなんですよーーー、わたし。
まだまだ勉強中です!

12月Yoshikaクラス~心の柔軟性~ もっとここちよくなるために!  *肩甲骨、頚椎編

ayanohaYOGAの骨盤調整では、仙骨まわりの緊張をほぐす他、骨盤の左右差を調整したり、腰部の緊張をとりリラックスさせる効果があります。腰痛も緩和されます。

このとき少し意識してほしいのが、
肩甲骨と頚椎。

12月Yoshikaクラス~心の柔軟性~ もっとここちよくなるために!  *肩甲骨、頚椎編

肩甲骨は鎖骨と接していて、背中の肋骨に乗っている。乗っているだけなので、とても不安定な状態で腕を支えています、腕は約2、3キロの重さがあって且つ動かしたり回したりするので、日常生活において重要な場所です。

そして肩甲骨は呼吸によっても動くのですが、呼吸が浅くなると肩甲骨周りの筋肉の動きも悪くなり、肩こりを引き起こしたりもします。

骨盤調整では、その肩甲骨を剥がすようなイメージで脱力してほしい。

12月Yoshikaクラス~心の柔軟性~ もっとここちよくなるために!  *肩甲骨、頚椎編

腕の重さを十分に感じて、肩からぶらーっと腕を床の方へ床の方へと脱力してほしい…同時に肩甲骨もついてくるので、肩甲骨の脱力にも繋がる。

肩周りの緊張をとるにも、
肩甲骨の可動域を自由にしておきましょう!

そして、もうひとつ、首まわりも脱力してほしいので頚椎を意識してほしい。
12月Yoshikaクラス~心の柔軟性~ もっとここちよくなるために!  *肩甲骨、頚椎編

骨盤調整では、
余裕があれば頭の先を少し揺らしたりして、頭を床の方へ脱力させていきます。(現に、床に頭をつけるわけではなく、床の方へと力を抜くというイメージ)

このとき、脊椎の一番上の頚椎一番二番あたりを剥がすようなイメージで脱力してほしい。
頚椎は頭蓋骨の重さを常に支えています。常に緊張している場所でもあるので、じゅうぶんに、ゆるめてほしい。

脊椎は靭帯で脊柱とつながり、この脊柱管のなかには脊髄があります。

脊髄は神経の通り道。
脳の一番下にある延髄から頚髄、胸髄、腰髄、仙髄、尾髄まで続いて、腰椎の高さまで走行します。

脳の一番下にあたる延髄は脳幹にあります。頚椎は脳幹のあたりまであります。
延髄は循環中枢や呼吸中枢といった生きていくうえで重要な調節をしてくれている場所です。

だからこそ、ここの緊張をゆるめておくことは、生きるうえで呼吸をするうえでとても大切です。

12月Yoshikaクラス~心の柔軟性~ もっとここちよくなるために!  *肩甲骨、頚椎編

常に緊張をしやすい場所である
腰部、肩まわり、頚部をゆるめる骨盤調整は、全身のバランスを担うのにとても最適なポーズです!

ぜひ、マスターして、セルフケアとして持ち帰っていただきたいものです☆

家で1日3回~5回ほどでも毎日こつこつやつやると、それだけでもからだは変わってきますよ。

からだは素直だから続けていくと、
必ず応えてくれます。

私自身もayanohaYOGAで、頭痛や腰痛がだいぶよくなりました。
(過去の記事参考に)

少しのコツや、
意味を掘り下げて頭の隅においておくだけでも、毎日行う骨盤調整も変わってきますね。

12月Yoshikaクラス~心の柔軟性~ もっとここちよくなるために!  *肩甲骨、頚椎編

地味なことこそ、こつこつやってみましょう。
地味なことって、からだがやさしくじんわーりと受け止めてくれます。

12月Yoshikaクラス~心の柔軟性~ もっとここちよくなるために!  *肩甲骨、頚椎編

それでは、最後までお読みくださりありがとうございます。

よい週末をお過ごしくださいませ♪

Yoshika

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!