ヨガアーサナが深まる動きの仕組み*2018年〜無理しない等身大の自分へ〜

こんにちは!代表大城綾です。

2018年のヨガライフを、もっと楽しく充実したものにするために
ヨガの概念をくつがえす学びのお誘いです。

私自身10年、ヨガを続けていますが、その長い練習の中で
練習のあり方を改めた時期がありました。

もともと、運動が苦手・・・
もともと、体が硬い・・・

みんなと同じように綺麗なアーサナをとったり
ハードでストイックな練習の雰囲気に当然ついていけない・・・
(もともと、団体行動ができない・・・笑)

そんな私を救ってくれたのは、『合気道の知恵』でした。
体をゆるめて、中心の軸を大切にし、最小の力で心や体に大きく働きかける。
それは生き方全体にも波紋のように優しく広がるものでした。

弱い自分も、弱さを認めることができたら最強の強さなのかも!?
なんて、救われた気持ちになりました。

私はヨガのインストラクターを卒業し、新たな道へ進み始めましたが
だからこそ、ヨガを練習する方やヨガインストラクターの方に
お伝えできることがあるのではないかと思っています。

今回の学びは、綺麗にヨガアーサナをとることを目的とせず
ヨガをこれからも練習されていく皆さんのために
今までのヨガアーサナのアライメント(形)とは違った価値観と概念で
ヨガが楽しくなる学びをしたいと思います!

もっと肩の力を抜いて
もっと楽に、あなただけの等身大のヨガを楽しみましょう。

ヨガアーサナが深まる動きの仕組み*2018年〜無理しない等身大の自分へ〜

<こんなことをします!>

1、基礎的な動きの仕組み・股関節ってどう動く?
〜カラダには全て意味があった!私たちの体ってすごい!〜

関節の種類とはたらき
動きの仕組み外旋・内旋

ヨガアーサナが深まる動きの仕組み*2018年〜無理しない等身大の自分へ〜

2、呼吸法ではない、体が楽になることで、ふか〜い呼吸にするには?
〜等身大のあなたらしい呼吸へ〜

どんなに素晴らしい呼吸法も準備ができていないカラダに流してもうまく働きません。
呼吸法をやってないのに、いつのまにか深い呼吸になっていた、という目からウロコの体験!

3、力技ではないヨガアーサナ(ポーズ)
〜え?こんなにヨガは楽だった?に気づく〜

例えば、体が硬いからできないって思っていたヨガのアーサナ。
実は動かし方や体の理解不足だったりするだけの場合があります。
ヨガアーサナの王道とも言える下記の二つのヨガアーサナに絞って理解を深めていきましょう。そして大切なのは、頭でっかちにならず体で感じること!

*ヴィラバード・ラーサナ
*トリコナーサナ

ヨガアーサナが深まる動きの仕組み*2018年〜無理しない等身大の自分へ〜

<こんな方にオススメ>

1、体が硬い
2、2018年もヨガライフ、楽しみたい!
3、柔軟性だけでヨガをしてしまっている
4、ヨガインストラクターやセラピストで体が硬い生徒さんやクライアントがいる
5、ヨガアーサナ、ヨガ哲学にこだわりすぎている!?

<日時>1月7日(日) 10時30分〜12時

<料金>一般の方 3200円 *ayanoneさん(会員さん)プリペイド利用で3000円

<講師>ayanoha代表大城綾 

プロフィール

<アシスタント> ayanohaYOGA公式インストラクター 中田喜香
ヨガアーサナが深まる動きの仕組み*2018年〜無理しない等身大の自分へ〜

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!