喜香(Yoshika)クラス*12月のテーマ

喜香(Yoshika)クラス*12月のテーマ

みなさんこんにちは!
ayanohaのインストラクターのYoshikaです。

喜香(Yoshika)クラス*12月のテーマ

12月のクラステーマは
【からだの柔軟性よりもこころの柔軟性】

「ヨガってからだが柔らかくないと無理でしょ??」

はいっ、でましたーーー!また、この、フレーズ!!!
あ、ごめんなさい、嫌な言い方して。涙

ヨガには柔軟性が最初から必要と思ってる人が本当に多い!からだがかたいからポーズをとるなんて無理だよ…
私にはできないなぁ…
と。

それはですね、全く必要なし!

他はどうかはわかりませんが、間違いなく私のクラスでは、そんなこと必要ありません。
そもそも私もからだがかたい!笑
だいぶよくなりましたけどねー♪

そもそも柔らかくないとできないというイメージが一人歩きしているのが、みなさんの一歩を後退りさせていると思うと歯がゆいなぁ~ごめんなさいね!

そのイメージも、ゆっくり紐解きましょ~

先入観やイメージって、なんにでもありますよね。それって、自分自身にも。
私はこうだから、私にはできないから。って。

でもそれって、やらずしてなにがわかる??

かたーくなった思考をひとつひとつゆっくり紐解けば、
なーんだ、意外にできるじゃん私。
やってよかったー、知ってよかったー。
と、視点が変わるもの。

それって、案外日常生活にもありますよね。自分の気持ちを伝えれずに我慢しちゃうとか、踏み出せずにずーっと頭のなかをぐるぐる悶々してることがあるとか。

あと、すごーく地味なことですが、いつも通ってる道を逆周りしてみると、新しい発見があったり違う道に見えたりと、視点が変わるもの。

一歩を後退するのではなく、前に出すと世界が変わるものはたくさんあります。

すごく勇気がいるかもしれませんが、一歩がでなかったら、半歩でも♪進んでみましょ。ゆっくりとかたーくなってる思考の紐を解いていきましょう。

喜香(Yoshika)クラス*12月のテーマ

思考の紐を解いていくと、
からだの緊張がふぅ~っと抜ける。

空間が広がったゆるんだからだには、たくさん呼吸が入り、深まり。
と、同時にアーサナ(ポーズ)も深まる。

吐く息での前屈が
あれ?私意外に曲がるじゃん!?
みたいな。
呼吸ひとつだったり、からだのちょっとした使い方で変わるもの。

からだの柔軟性を決めてるのは、自分の先入観だったりします。
私は、ヨガで必要なことはからだの柔軟性ではなく、その人がその人らしくいられるからだとこころのバランスのいい状態を知ること。だと思います。
それが、日常生活に繋がっていきます。

からだの柔軟性よりこころの柔軟性。
ゆっくりと練習して、ゆっくりと紐を解いて、かたくなった思考もふにゃふにゃさせましょ。笑

シークエンス(一通りの流れ)の前半には背骨のストレッチ効果のあるアーサナをふんだんに入れていきます。背骨のストレッチには、自律神経を整えてくれる効果もあります!
胸も開き、気持ちも広がっていくような。

私もこれが好きで、ほんとに気持ちがいい!
喜香(Yoshika)クラス*12月のテーマ
マールジャリアーサナ(猫のポーズ)

喜香(Yoshika)クラス*12月のテーマ
アパナーサナ(ガス抜きのポーズ)

他にもたくさんありますが、
それはクラスで楽しみましょう!

12月、今年最後の月ですね、よろしくお願い致します。

今月は引き続きこちらのテーマです。🔽
喜香(Yoshika)ヨガクラス*11月のテーマ
よろくお願いします。

それでは、新たな出会いに感謝致します。
いつもありがとうございます。

Yoshika

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!