自分の可能性が広がる身体の位置とは?ヨガインストラクターの魔法のアジャンストメント

こんにちは。
ayanoha主宰大城綾です。

ayanohaayanohaスクール
6月生の募集が始まりました。

ayanoha YOGA CAREプラクティショナーが続々と誕生し
それぞれが、それぞれのペースでヨガを楽しみ
自分を深め、他の人へ伝えたい方は伝えています。

私たちの学びはまだまだ終わりません。
だって、身体と心の世界はいつまでも未知でいつまでも楽しい。

卒業生は次々と公式インストラクター及びセラピストへの学びを深めております。

その中で興味深い記事を一つ。
ヨガインストラクターとして、生徒への身体の触れ方について

ヨガの時に行うアジャストメント。
アジャストメントは、生徒がアーサナ(ポーズ)をとった時に
インストラクターが手で触れて、その人自身の心地よい位置へと調整していくものです。

この心地よい位置とは、呼吸がしっかりと入り、アーサナが怠惰でもなく
頑張っている状態でもない、心地よくリラックスしながらも、次のステージへと少しチャレンジできるところです。

私はこの領域をとても大切にしていて
生きていく中で、少し背伸びもすると可能性が広がります。
でも、その背伸びが無理のある背伸びであれば力が入ってしまう。


心地よく深呼吸しながら、自分の伸びしろを広げていく。

その領域は、なんとも言えない充足感があります。

そのために、私たちインストラクターの手は
触れる際に、ゆっくりと触れ、ゆっくりと離れ
身体のカーブに平行に、そして伸ばしたい方向へと
導いていく。

筋肉を伸ばしたい方向性へと意識しながら
骨に触れる感覚でアプローチすることで
とても深いアジャストメントができるようになります。

それは、もう、ヨガのアジャストを超えた領域で
私は、ayanohaCAREで行う、置き直し(身体を緩める位置へと置き直す)
圧定法(手掌で圧迫していく方法)とほぼ近く
かなりの練習と経験が必要になると思っています。

受けてくださった方は、まるでお産を手伝ってもらっているよう! 

なんて、感想も、、、。

本来、私たちには、自分がどう生きていくか
それだけで良いと思うのです。
究極を言ってしまうと、じゃ、勉強って意味ないじゃん!っと
なってしまうのですが、丸裸になった時に
全てが表れるもの。

これは究極ですが、手で触れる際に生徒をコントロールして
導くという手法ではなく、ただ、自分がリラックスして
相手とつながる。

相手に感謝する。

相手が生きていることに、触れるたびに感動する。

私はいつまでたっても、その感動と、喜びが
新鮮で色鮮やかな経験となり
それが当たり前でありたいと思っています。

公式インストラクター、セラピストコースは
ayanohaYOGA CAREプラクティショナーコースを卒業した後に
受講できます。

どうぞ、ワクワクしてください。
どうぞ、あなたの自身が楽しむことで
本当に世界は豊かになります。

※初級だけでも受講できます。


〈初級〉

•ayanoha YOGA の基本概念•理論
•ヨガインストラクターに求められる資質について
•生徒と講師との間で境界線を保ちながらラポール(信頼関係)を保つ方法
•効果的なシークエンスの組み方
•トラウマや恐怖により記憶された感情、肉体レベルでは神経、リンパ、血液などの滞りをなくし正常に機能するために、それぞれの器官を正常に保つための効果的なシークエンスの組み方。
•心地よいアジャストメント
•手で触れる際の注意点や心構え、心地よいアジャストとは身体に対してどのように触れたら良いかを学ぶ

大城綾と2時間のみっちり、マンツーマンスクール
料金 30000円

お問い合わせはお気軽にどうぞ

info@ayanoha.co.jp
053−570−6071