月と心の身体の関係

こんにちは。ayanoha主宰大城綾です。

月のリズムを大切にしているayaoha。

本日は、月と人の「こころとからだ」の関係についてお話いたします。

image

月の満ち欠けに人の心と身体は、影響を受けやすいと昔から言われています。
人の身体は水分が約60%もしめています。
自然界で潮の満ち引きが起こる様に、身体の中の水分も同じように影響をうけるのではないかと考えられています。

_____________________

○満ちていく心と身体 新月〜上弦の月(半月)〜満月○

〜何かスタートさせるのに最適な新月〜
新月から満月に満ちていくにしたがって、身体はいろいろなものを外から吸収しやすくなっています。そのため、食事は添加物が入っていないものやヘルシーなものを頂くなど
食生活を見直すのにもとても良い機会です。
心身ともに上昇傾向にあるので、計画を立てたり、目標を立てたり、積極的に出かけ多くの人と出会い交流するにもいい頃です。同時に感受性も高まっているので、身体も気持ちもワクワクと上昇しやすくなりがちです。気持ちを落ち着かせるアーサナ(ポーズ)が適しています。

新月にぴったりのヨガ
•立ちポーズを多めに、グランディング(地に足をつける)効果の強いヨガ
•ゆったりと複式呼吸で気を腹部におくる
_____________________

○内なる声に耳をすませる 満月〜下弦(半月)〜新月○


〜心と身体の大掃除をしましょう〜

エネルギーをたくさん吸収した身体は、満月で高まったあと徐々に古いものや余計なものを外へ外へと排泄していく浄化の流れがおきやすくなります。
外に向かっていた意識を自分自身に向けて、次の新月に向けてリセットしていく期間ともいえます。集中力も高まっているので、内なる声に耳を傾ける時間を作っても良いでしょう。
気持ちも高揚しやすいこの時期、悲観的になったり落ち込んだりしても、
月のサイクルがなせる業。落ち込む必要はありません。

満月にぴったりのヨガ
•身体を温めたあとツイストなど、内蔵の浄化を促すアーサナ(ポーズ)
•胸式呼吸で身体を温め浄化を促す          
                    
______________________

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ayanoha主宰大城綾

※こちらの資料は旧暦美人ダイアリーを参考にしています。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!