ippon blade・ayanoha基礎講座① 伸張反射を活用する

こんにちは。Ayari✼です。
ippon bladeとayanohaの基礎講座Vol 1を開催しました。

ここでは、私たちが、身体を動かす上で絶対に知っておいた方が良い!という基礎を学びました。
知らなくても、身体を動かすことはできる。
でも、知らなくて怪我をしている人、無理なトレーニングや柔軟体操で、いいと思ってやっていることが逆効果になっている人が、たくさんいます。

ですから、一般的に流通している「これをすれば正解!」っと派手な広告でオススメされているトレーニングや柔軟とは、考え方がちょっと、というか全く違います 笑。

私も、天さんも、いわゆる多くの人が、良いと思っているトレーニングや柔軟運動など、たくさんしてきましたが、それで怪我も経験してきました。
なので、多角的に見て、どのようなトレーニングをしたとしても共通して応用できる事や、セルフケアとして日常で活かせるベースを学びました。

ippon blade・ayanoha基礎講座① 伸張反射を活用する

午前中は、ippon blade代表 小平天先生の座学。
姿勢を維持する時に、どこの筋肉が働いているのか?みなさん、ご存知でしょうか。

私たちの姿勢は、座っているとき、立っているとき、また止まった動作だけではなく流れるように動いているので、一瞬一瞬の過程で重心の軸も変われば働く筋肉も変わります。
今回は身体を多元的に、具体的な筋肉の名称で確認していきました。

<伸張反射について>
近年の運動では、筋肉を伸ばす(ゆるめる)or筋肉を鍛える(収縮させる)、どちらかに偏りがちですが、ippon bladeとayanohaで大切にしていることは伸張反射。
筋肉が伸びようとしたとき、筋断裂しないために縮む作用のことです。
弛緩しすぎでもなく、収縮しすぎでもなく、弾力があってバランスの良い筋肉にしていくことが大切です。

さらに、ippon blade代表小平天先生独自の観点から、身体の全体像をみていきました。


・軸の概念 
・インナーマッスル・インナーユニット
・大腰筋・小腰筋・腸骨筋
・距骨を中心とした足関節の動き
・仙骨・蝶形骨

午後の部はayanoha代表Ayari✼の講座です。
大腰筋に触れる、腹部や大腿四頭筋に頼らず大腰筋主導で動かすとは?触れながら体感していきました。
内臓マッサージは、内臓だけに触れるのではなく、臓器と骨格筋の関連性を見ながら動かしたり、触れていきます。
そうすると、日頃の自分の身体の癖、また、どんなトレーニングをしているか?なども、筋肉の弾力から見えてくるものがあります・・・!
腸は第二の脳と言われるほど、脳の次に神経細胞が多いところで、脳で判断できないことも腸で判断を下すこともできる程です。
なので、脳のおしゃべりを止めたくて「マインドフルネス」で脳を鎮めようとする方も多いと思いますが、腸をマッサージしたら、簡単にイライラが解消されてしまうかもしれません!セロトニンの約9割は、腸で生成されていますから、不思議な話ではありません。

ippon blade・ayanoha基礎講座① 伸張反射を活用する ippon blade・ayanoha基礎講座① 伸張反射を活用する

さらに、主に腸を支えているのは、大腰筋・小腰筋・腸骨筋です。
股関節や足首が硬いと思っている方は、内臓と大腰筋・小腰筋・腸骨筋をほぐすと一気に変わるかもしれません。

次に、内臓をしっかりほぐした後に、「伸張反射を利用したボディーワーク」をしました。
これが、地味なのに、意外と難しいのですよね!

筋トレをしていても、身体が柔らかくても、全く関係なくて日頃から脊髄反射が働くような運動をしているか?というのもポイントになってきます。
これには、自然の中で身体を動かすのが一番。

少しずつ、野生性を取り戻していきましょう〜!

「Ayari✼さんのワークは、簡単でできると思ってました。正直、舐めてました!笑」と、言われちゃいましたが・・・
ほんと、そうですよね。

実は、地味なことほど、当たり前のことほど、難しかったりしますよね。

できると思っていることほど、見直してみることが大切です。

最後は、ippon bladeを履いて外ワーク!

基礎講座は、今回、天さんと初開催でしたが・・・

ippon blade・ayanoha基礎講座① 伸張反射を活用する

案の定、全く時間が足りなかったのと、まだまだ、お伝え足りないことがたくさんあったので、これからは時間をもう少し長くして、連続シリーズ、通いやすい形に変えていきますね。

知識と体験、両方を同時に深めていくことで、短期間で身体操作と気づきの深さが別次元になるので、改めて、座学の大切さを痛感しました!

ありがとうございました。

次回は、10月17日(土)浜松浜北ayanoha、11月8日(日)世田谷店TENARIです。

詳細はこちらから

こちらのブログ記事はAyari✼が更新いたしました⬇︎

〜しなやかに自分を生きる〜

Ayari✼綾理 プロフィール
ayanoha代表・創始者 株式会社AYARI 代表取締役 

「自然の中で心豊かな暮らし」を愛する両親の元に生まれ、三人兄弟の末っ子らしい野山を駆け回るような活発な幼少期を過ごす。しかし、極度なアレルギー体質で慢性的な不調を抱え、病院通いが続く。

学校教育にも馴染めず登校拒否なども経験。

「生まれてきた意味と、人がいつか死ぬこと」について、その不思議さに純粋な興味を抱き続ける幼少期を過ごす。
社会人になってからは様々な職種を経験。

どの仕事も情熱を感じることができず、2007年、ヨガと出会ったことで「人は誰しも生まれる前から決まっている使命と役割がある」と気づく。

社会の常識や枠に囚われず生きることを決意し、全ての人が分け隔てなく自分らしく生きる道へのきっかけ作りとなる仕事をしたいという想いから、2013年7月株式会社AYARIを設立。
築50年の民家をリノベーションした「ayanoha」をオープン。

ヨガを中心に、整体、指導者育成、外部講師を招いての講座や、合宿など、多岐にわたり活動。
ヨガインストラクターを10年続けていく中で、美容やダイエット、ファッションに寄りがちな現在のヨガ業界に疑問を持つようになる。

ヨガをしていることで自分に付加価値がつくようなものを広めたい訳ではないと感じ、2017年にヨガ講師を卒業する。
その後、武術研究家・甲野善紀氏に出会い 、その生き方や身体との関わり方に感銘を受ける。

ヨガ・整体・生理解剖学・甲野善紀氏の古武術などをベースにし、思想や方法論に偏ったり固執するのではなく「自分の心地よさ」を信頼することで「気づき」を起こし自身の力で元気になっていくayanohaメソッドを考案。

運動経験のない方や身体が硬いなど、誰にでも簡単にできることが定評を呼び、これまで2万人以上の人が実践し多くの企業や医療機関で活用されています。

セラピストやインストラクターといった活動範囲を超え、一人ひとりが愛を動機に生きることで調和のとれた幸せな社会を目指して、小学校や中学校での講演活動、起業家の育成、教育、新規事業の立ち上げなど、様々なプロジェクトに取り組んでいる。
誰とでも、分け隔てなく、心と身体が感動する喜びを分かち合う。

そんな一瞬には、とても愛が溢れている。
腕が1センチ、前回より上がるようになった。
その小さな喜びに、一緒に気づいて喜べる人でありたい。

肩書きや、様々なアイデンティティーが付加価値とするならば、真っ裸になって、ご縁あって出会ってくださったお一人おひとりと、私は向き合いたいと思っています。

詳しい経歴はこちら

ippon blade・ayanoha基礎講座① 伸張反射を活用する

これまでの講演実績

雑誌「non-no」や「ヨガジャーナル」「saita」などの女性誌では監修を受け持ちラジオ番組では呼吸法やヨガ、体操などをレクチャーする。

全国誌・新聞・ラジオ・監修・様々なメディアで活躍中!

オフィスで旅気分シリーズ 
<全国の東急ハンズ・LOFTで販売中>モデル・オブザーバーを担当


〜 ayanohaに出会ってくださった皆さまへメッセージ 〜

私は子供の頃からとっても体が弱く、常に病院通いで自分のことが大嫌いでした。
混沌とした社会生活の中で、そんな自分を変えるきっかけとなったのは、たまたまダイエットで出会ったヨガでした。

びっくりするほど、心と身体が変わって『本当の私は、こんなに元気だったんだ。』
生まれ変わったかのように新しい人生が始まりました。

自分を大切に扱うことで、わたしは自分のことが、愛おしくが大好きになりました。
というより、大嫌いだと思い込んでいたことに気づいたのです。

本当は皆、誰もが自分のことが大好きです。
でも、嫌いだと思い込んでしまっているんです。
それは、あまりにも辛い経験やトラウマが、そうさせてしまうのでしょう。

ayanohaに出会ってくださったあなた、このご縁に心から感謝です。
さぁ、心と身体をほどいて、新しいわたしへ、生まれ変わりましょう。

ayanohaメソッドは医療的治療の手助けをします。
病院に通院中の方もお気軽にお越しくださいませ。

ayanohaメソッドを体験された方々の嬉しい声

全国誌など様々なメディアでご紹介頂いています!

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!