背骨の歪み・側弯症について「背骨まっすぐが正しいの?」

こんにちは。Ayariです。
パーソナルセッションですが、大好評をいただいております。

Ayariのパーソナルセッション

4月〜ipppon blade・一本歯下駄のレッスンもメニューに加わり、立ち方、歩き方など、より正中線を体感して頂きやすくなりました。

今日は、背骨の歪みについて、触れてみたいと思います。
ayanohaには、側湾症をお持ちという方も通ってらっしゃいます。

背骨の側弯の強度は様々ですので、一概には言えませんが、整形外科では手術を促される方もいるかもしれません。

先天性の場合や、小さい頃から側弯症を診断されている方は、殆どの方がその背骨に合わせて内臓の位置も適正な位置で収まり、身体の使い方も、その状態で日常生活を上手に過ごせるよう筋肉も発達しています。

極度に痛みが出てしまったり、見た目にひどくなければ、自然なままで、そこから、もっと過ごしやすいように身体の状態を回復、そして機能を上げてくということができます。

先日、いらしてくださった方は、椅子に座った施術で仙骨〜頚椎(首の骨)までの調整、骨盤の必要以上の歪みを整え、その後、大腰筋を使ったエクササイズ、ippon bladeで、O脚まで良くなりました。

このまま続けていけば、どんどん身体は整っていくと思います!


まず、自分の状態を知ることだったり、「背骨がまっすぐであることが正しい。」と決めつけないことで、自分へのジャッジもなくなり、逆に個性に変えていくことだってできるのです。

最後に歩いている時は、両方の足にしっかりと乗って、背筋がスッと伸びた歩き方で、もともと素敵な方ですが、最後は、うっとりするほどの美しさでした。

背骨の歪み・側弯症について「背骨まっすぐが正しいの?」

先日、原生の森に行ってきましたが、太陽の方に向かって、くねくねと幹をくねらせながら伸びる木、まっすぐに伸びる木、様々でした。
背骨がまっすぐではないことで、もしかしたら、理にかなっていることが、自分では気づかないところで、あるかもしれません。

無理に調整することで、他に不具合が出ることだってあるんです。
大きな声では言えませんが、手術をしたことで、今まで普通に働いていた神経系に不具合が出たケースもあります。

なので、一つの方向から決めつけないことって、とても大切だと思っています。

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

引き続き、パーソナルセッション募集中です。
ご来店、お待ちしております⬇︎

Ayari✼パーソナルセッション・5月スケジュール「期間限定割引中!」

オンラインメニューはこちら


<講師>

ayanoha代表 Ayari✼

背骨の歪み・側弯症について「背骨まっすぐが正しいの?」

詳しいプロフィールはこちら

全国誌・新聞・ラジオ・監修・様々なメディアで活躍中!

オフィスで旅気分シリーズ 
<全国の東急ハンズ・LOFTで販売中>モデル・オブザーバーを担当

ayanohaメソッドを体験された方々の嬉しい声

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

いちばん新しい記事!

身体と声を繋げていく