ヨガのポーズも大腰筋から始まる動きとして理解すると、動作の意味がより分かりやすいと思いました。

こんにちは。ayanoha代表Ayari*です。

ippon blade 代表 小平天さんのパーソナルセッションの感想です。

女性も、男性も、多くの方にご好評いただいております。
「その身体じゃ物理的に無理!」っと天さんが、言ったりしますが(笑)
筋肉が固すぎたり、緩みすぎていたり、それぞれの機能が失われてしまっている状態で、走ったり、ヨガしたりしても、やはりどこかでその不具合をかばうような動きになり、パフォーマンスが上がらないことってあります。

まず、状態を整えてからのレッスン、本当にオススメです。

天さんのセッションは、機能を回復させていくことを目的としていて、セルフケアの方法なども教えてくれるので、施術に依存的になるのではなく、自立した身体づくりをしたい方に、ぴったりかと思います!

5月の小平天さん・パーソナルセッションのスケジュールです。
ぜひ、この機会にお試しくださいませ♪

ippon bladeの開発者・小平 天氏によるコンディショニング(機能回復)整体&パーソナルトレーニング/5月スケジュール

ヨガのポーズも大腰筋から始まる動きとして理解すると、動作の意味がより分かりやすいと思いました。

お客様から頂きましたパーソナルセッションの感想です⬇︎⬇︎ご了承いただきまして、掲載しております。

昨日は、天さんのパーソナルレッスンを受けて本当によかったと思いました。

朝、目が覚めて、少し体を動かしたら、肋骨から首にかけてのどこかが
バキッっていう音ではがれ、、
いつもすごくきになっていた、首根本奥の張り付きみたいなのがかなり抜けました。

早速朝から生まれ変わったような感覚で、昨日のパーソナルレッスンに行けて本当によかったと思いました。

おそらく、昨日のおいしいお酒で筋肉が緩んだのも関係していたかもしれません。

左大腰筋の硬さ
くるぶし下のつまりによるくるぶし前傾の可動域の狭さ、硬さ
を意識して、そこをよく動かすこと

母指球、くるぶしの可動、を意識し、アキレス腱をばねにしたマサイジャンプ

ipponbladeの場合は
下駄の刃を真下に押す、一歩一歩、止まれる、静止できるくらい丁寧に足をおく
大腰筋で骨盤を足の出すほうを前に押すような感じ
大腰筋に触れていると意識しやすい
綱渡りするような足の運び

昨日のことを思い返してまとめると、静かな音で歩くと、だいたいいい感じになる

靴や素足で歩くときも、ippponbladeの意識で大腰筋から丁寧に地面を押す、くるぶしの可動域を意識

マサイジャンプをipponbladeでやると、大腰筋がよくうごいているのがわかりました

うつ伏せの状態から、大腰筋で骨盤を振ったり、揺らす、
揺らす動きで魚類の動き、ひじをつけば両生類の動き、少し骨盤を後傾、前傾を加え
爬虫類の動き、もう少し動かすと哺乳類の動きへ、、
そして、立ち上がる場合は、足の真上に頭がくるようにして、そのまま上に持ち上げ立つ大腰筋で上に持ち上げるようにして立つ

武道の世界のハラは、じつは二つの大腰筋の精妙なコントロールの中心にある、、
仙骨を中心にという話も、実質的には大腰筋の精妙なコントロールの軸と仙骨の動きの軸が一点で合わさることじゃないかと思いました。

大腰筋をスタートに全身の筋肉を動かすことで、ベリーダンスが上手な方のように全体の空間と一体化するような動きになる、、という風に理解しました。
ヨガのポーズも大腰筋から始まる動きとして理解すると、動作の意味がより分かりやすいと思いました。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

いちばん新しい記事!

身体と声を繋げていく