形だけではない新しい資格取得制度をつくります。ayanohaという枠を超えた共に高め合える指導者同士のつながり

形だけではない新しい資格取得制度をつくります。ayanohaという枠を超えた共に高め合える指導者同士のつながり

こんにちは。ayanoha代表Ayariです。

2013年にayanohaスクールを立ち上げ、形を変えながら現在はayanohaスクール卒業生は初級のみの受講も含めると150名以上となりました。
これまで、心と身体の世界とは無縁だった方々が、インストラクターとして活躍するようになったり、サロンを開業されたり、たくさんの奇跡を目の当たりにし、人の可能性に驚かされる経験をたくさんしてきました。

その一方で、資格さえ取得できればいいといったケースも出てきたり、ここまで学んだ私はここまで教えられるなど、そういったことも出てきてしまい、ayanohaの大切にしてきた、指導者本人の気づきや人格が魅力であるとした考え方が、活かされないといった問題が出てきました。

また、ayanoha認定講師にならないと、お仕事を一緒にできないと勘違いされたり、私にとっては、全く想定外の残念な出来事でした。
しかし、これがきっかけとなり私個人の指導者としての社会での役割を、改めて考えるきっかけを頂きました。

今後は、これらのケースを含め、ayanohaスクールは資格取得制度はあるものの、ゆるやかな枠の中で、講師それぞれの魅力や個性が発揮されながら共に高め合える指導者同士のつながりを大切にしたいと思います。

例えば、こういったケースも今後は受け入れていきます。
様々な家庭の事情により金銭的余裕がなく指導者育成コースを受講できずにいるものの「インストラクターになったら、素晴らしい指導をするだろう。」と思う人たちが世の中にはたくさんいます。
そういったケースの場合は、別に部門を設けすべてのコースを受講されなくても指導者として育成し、企業や医療機関への派遣等、社会貢献となる仕事をつくり双方にとってメリットとなる体制をつくっていきます。

また、ayanoha認定講師以外の指導者の方ともご縁があり本質を共有できる場合は、出張などご依頼させていただく場合もあります。

私自身、枠やルールのある社会の中で、湧き出てくる自らの疑問や違和感を大切にし、自分と向き合うことで、その都度新たなやり方が見つかり、私自身の生きる道を切り拓いてきました。

その根本的な問いかけは、経営と切り離せるものではありません。
業界にとっては、異例のことかもしれませんが、また新たな世界がつくられると明るい未来を信じております。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!