ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方

ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方

誰もが生き急ぐような焦燥感に苛まれる時代の中で、「自分らしく幸せに生きる」ことはとても大変なことです。

誰かのためや周りのことを考えて自分のことをおざなりにしてしまったり、不安や焦りは知らず知らずのうちに、私たちの心を苦しめ、身体の不調として現れてきます。
一人ひとりが、自分を改め新しい生き方を見つけていくときが、いよいよきているように感じています。

ayanohaは、これまで先人たちが残してくださった古の知恵や幸せな生き方を、今の時代に合わせた新しい形で、体現しています。

一見矛盾とも思える「柔らかさ」と「剛健さ」を併せ持って生きることで、自分や他人と戦わず、様々な困難を上手に受け入れ自分の中心を持って生きる。

自分を大切にすることは、あなたの周りの人たちも、大切にすることにつながります。
その波紋は、この世界全体の幸せになります。

さぁ、難しく考えずに、感じるままに、一歩踏み出してみましょう。

これまでの過去のすべて、何一つかけても、あなたにはなりません。

人生は、タペストリー。

ほどけて 織りなす 新しいわたし

ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方

新しい私に生まれ変わる10の物事の捉え方


<1,人と比べない>

私たちは、ついつい人と比べて自分を卑下してしまいます。
人を羨ましいと思ったり、嫉妬心を持つことは、自然な感情でもあります。

そんな時は「今、私はこんな風に思っているな。」そう感じてあげましょう。
人と自分を比べることは悪いことではありません。
神様は一人ひとりに違う才能・魅力・役割を与えてくださっています。
あなたが嫌いだと思う自分の弱点が、もしかしたら、才能や魅力になるかもしれません。

ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方


<2、心の声、身体の声を大切にする>

現代を生きる人は、常に目標や達成すべきタスクに追われ、日々を忙しく過ごしています。
休むことや、自分の心や身体の声を聞くことを意識しましょう。
身体の痛みや、心の苦しさを忙しさや向き合うことへの恐怖から気づかないふりをしていると、やがて大きな病を引き起こすこともあります。
寝る前のたった5分でもいいのです。
「今日は、どんな1日だった?」自分に聞いてあげましょうね。

ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方


<3,人は間違えるもの「嘘をつかない、ごまかさない、素直な心をもつ>

正しいと思ってしていたことが、実は後で間違えていたと気づくことがあったり、恐怖や不安を、何かほかのことでごまかしてしまったり、生きていればそんな時も必ずあります。
人は間違えるものだと知っていることが大切です。

自分にも人にも素直な心を持ちましょう。
間違ってしまったことで関係が悪くなってしまったときは「ごめんなさい、間違えていました。」と勇気を持って相手に伝えてみましょう。
素直で正直な人は、人から愛されます。


<4,弱い自分、不甲斐ない自分も丸ごと愛する>

しなやかな人とは、柔らかくたおやかでありながら、それでいて軸を持っている人です。
自分の弱さや不甲斐なさを否定せず、包み込むように愛しましょう。
それには、自分と向き合う勇気も必要ですし、ひとりで考えることも大切です。
自分に対して大きな器を持つ人は、他人に対しても大きな心で接することができます。

ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方


<5,良い人間関係をつくる。>

残念ながら、この世界にはどうしても合わない人や、悪い心を持った人もいます。
今、その人は学びの途中かもしれず、無理をして付き合うよりも、距離を置くことが必要な時もあります。
優しい人や、信頼できる人と関わるように選択することも大切なことです。
自分よりも、少し余裕がある人と一緒にいることは、自分を成長させ、安心させてくれます。
自分自身を大切にし、良い人間関係を作りましょう。


<6,ありのままの自分を表現する>

いつも等身大の自分でいましょう。
人は等身大でいる時こそ、謙虚でありながら、自分の伸びしろや可能性を信じて行動することができます。
背伸びをしている状態では、疲れてしまって今の自分の実力や心に気づく余裕もありません。
「いまの私はここまで。だからこの先がもっと楽しみ。」そんな風に気張りをなくして、今の自分をそのまま表現していきましょう。

ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方


<7,自分を大切にすることが、人を幸せにする>

いつも、自分の心と身体をお掃除して、自分を大切にしましょう。
自分を大切にすることで、その健やかなエネルギーは周囲の人たちを幸せにします。


<8,広い視野を持ち、相反する矛盾をそのまま受け入れる。>

人は相反する二元性の中で生きています。
生きながらにして死に近づき、幸せを感じながらも不安を抱き、人の幸せを願いながらも搾取することもあります。
どちらかに価値観や居場所を決め込んで生きる方が、楽かもしれませんが、視野の狭さは、時に自分や周りを苦しめてしまいます。
広い視野を持ち、相反する矛盾をそのまま受け入れ、大きな器を育てましょう。

ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方


<9.真面目になりすぎず、遊び心たっぷりに生きる。>

真剣にしっかりと考えて生きることも大切ですが、「生きる喜び」を感じているとき、私たちはまるで子供のように肚の底から笑っています。そこに理由もありません。
ただシンプルにワクワクする情熱にそって生きてみましょう。
人生は一度しかありません。
ワクワクする方向へ進む時、計画通りの人生よりも、もっと楽しい人生になることでしょう!

ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方


<10,生かされていることに感謝する>

私たちは、自分の力だけで生きることはできません。
水や食べ物、着るものも全て自然から頂いて私たちは生きています。
人は皆、自分のことに精一杯になっていると、生かされていることをつい忘れてしまいますが、地球の一部をいつも頂いていることを思い出し、感謝して過ごしましょう。

あなたは「生かされている」というこの奇跡を、どのように感じて生きていきますか?

しなやかに生きるための10の物事の捉え方<愛をベースにした日々の心>は、ヨガ哲学・心理学・仏教・古武術・生物進化論・様々な分野の知恵からayanohaに関わってくださる方々の体験とAyari✼の気づきを元に作られています。

ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方

「ayanohaの意味・語源」

アヤノハ〜と、深〜く息を『は〜っ』と吐いてみる
考えすぎている忙しい思考が止まり
足元の方へじんわり流れていく呼吸

大地を浸透し地球に広がる

「生かされていること」を自然と感じられる心と身体

ayanohaは、そんな言霊

ほどけて 織りなす 新しいわたし


<ayaの語源> 剛い軸を持つ綾織

日本伝統の綾織物からきています。
左右非対称でありながら
絶妙なバランスの中で、
縦にも横にも破けない
強い織り方が特徴。

 
<haの語源>柔らかく呼吸する葉

雨や風を躱し(かわし)太陽の光の方へ
自由に伸びゆく「葉」からきています。

ayanohaとは?しなやかに生きるための10の物事の捉え方

〜ayanohaの意味〜

「柔と剛を併せ持って生きる。」
「柔らかさ」と「剛健さ」という一見相反する矛盾をもつことで
今の時代を、自分や他人と戦わず、様々な苦難を受け入れながらも
上手に受け流し、自分の軸を持って生きる。
「しなやかで自分らしい生き方」そんな想いが込められています。

ayanohaは、どんな環境でもしなやかにバランスをとりながら「今」を生きる新しい生き方を体現しています。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!