身体が硬くてもできる鳩のポーズ・ヨガより簡単!Vol①しなやかで美しい自分になるayanoha(アヤノハ)メソッド

こんにちは。
ayanoha代表大城綾です。


身体が柔らかくないとヨガができない?

そんな方は、ぜひayanoha(アヤノハ)へ行ってみよう!

「無理しない、我慢しない、自分に優しくすること」

従来のきついストレッチなどで、柔軟性を高めることや、筋肉を鍛えることで健康へと導く方法とは真逆のayanohaボディーワーク。


まるで、温泉に入った後のような心地よさ・・・
整体を受けた後のような、自然と調整される感じ・・・

そんな声をたくさん、いただいております。
体験された方々の声

ayanohaメソッドでは、古武術や合気道など「戦わない・争わない」人や他人にも優しい物事の捉え方や、からだへの意識の向け方を取り入れています。自然の摂理に沿った、理にかなったからだの使い方、心の持ち方をすることで、日本人が本来持つ、潜在的な内なる美しさが自然と引き出されます。
続きはこちらへ

身体が硬くてもできる鳩のポーズ
〜ayanohaボディーワーク・レギュラークラスに新しいポーズが加わりました。〜

鳩のポーズはヨガのポーズの中でも難易度の高いポーズとして知られていますね。
でも、これができると「できている自分も嬉しい」っとモチベーションが上がるポーズでもありますよね〜!

出来ることにこだわらない。
でも、できたら嬉しいよね!
そんな感じで、楽しんでみましょう〜。
そう、マイペースにね!


<効果>

・生理痛 生理前症候群(PMS)婦人科系のトラブル
・腰痛
・肩こり・首こり
・坐骨神経痛(緊張してお尻が硬くなっている場合)


<ayanohaボディーワークとヨガの違い>

・ayanoha独自のポーズ/仙骨調整で梨状筋・大臀筋・中臀筋を十分に緩めてから行う。

・胸を広がる時に、手で床を押す際、腕の力になりやすいため、古武術の手の形にする。それより背中全体の筋肉を使うことができる。

・胸を広げる前に、前屈をする。腰に負担がかかることで敬遠される鳩のポーズですが、拮抗する体の全面を最初に緩めることで、腰部に負担がかかりにくくなる。

動画では、実際にこちらの動きに入る前に、下記のポーズを行います。

・股関節の可動域を広げるウォーミングアップ

・必要であればヒモなどの補助器具を使用

・臀部(お尻周り)を緩めるストレッチ

鳩のポーズをするまでに、かなりの準備をしてから入ります。
動画では、鳩のポーズだけが撮影されていますが、これだけをいきなり真似しないよう注意してくださいね♪
雰囲気だけ味わっていただけたらと思います。
今回は簡単バージョン・来週はチャレンジバージョンを公開いたします。

詳しくは、ぜひ、下記のayanoha講師が開催するレギュラークラス、全国・世界どこからでも受講できるオンライン講座にて、体験してみてくださいませ。

大城綾/土戸美里/菊地未来/木村由香/大石真由美
個性豊かなインストラクターの記事はこちら

オンライン講座のお問い合わせは、こちらへお願いします。
お問い合わせフォーム

「身体が硬くてもできる鳩のポーズ・ヨガより簡単!」VOL①はこちら⬇︎


本日の記事は、ayanoha代表大城綾が書きました。

プロフィールなど詳細はこちらです⬇︎


<講師>

〜しなやかに強く自由に生きる〜
ayanoha代表 大城綾

身体が硬くてもできる鳩のポーズ・ヨガより簡単!Vol①しなやかで美しい自分になるayanoha(アヤノハ)メソッド

指導と施術人数は10年間で延べ1万人以上の経験を持つ。
実績と経験、確かな知識により医療従事者やセラピスト、インストラクター、ボディーワーカーからの信頼も篤く、ayanohaスクールを受講するために全国から人が訪れる。
「幸せはまず自分から」一人ひとりが満たされて、個性を生かし自由に生きることで、社会が豊かになる。
そんな世の中になったら、とっても楽しいし素晴らしい!
夢を実現するために株式会社AYARIを設立。
数々の小学校でも子供達に向けて講演を続ける。
これまでの講演実績

雑誌「non-no」や「ヨガジャーナル」「saita」などの女性誌では監修を受け持ちラジオ番組では呼吸法やヨガ、体操などをレクチャーする。

プロフィール
全国誌・新聞・ラジオ・監修・様々なメディアで活躍中!

オフィスで旅気分シリーズ 
<全国の東急ハンズ・LOFTで販売中>モデル・オブザーバーを担当


<代表 大城綾のayanohaボディーワークへの想い>

私がヨガの講師になったのは2007年の時です。
そして、2017年にヨガの講師を卒業しました。

私がやりたいことは、キラキラしたヨガの業界の中で、美容のためのヨガや、ヨガをしていることで自分に付加価値がつくような、そういうものを広めたいわけではないと改めて感じています。

正直に、世の中の美容やダイエット、いろいろな健康法や自己啓発の、そういう強迫観念的な流れや、それらをやってることで、自分がステキな自分になれた気分にさせてくれるあれこれに、見ていてほとほと疲れています。

経営として成り立たせるためには、バランスだったり目を引くわかりやすさだったりが大切なことは十分にわかっています。
しかし、売るために本質的な部分が抜け落ちて、外側だけが取繕われて、本当に困っている人が
「自分なんかが、ヨガをするのは恥ずかしい」と思ってしまうほど、ヨガが特別なものになっている現状を見ると、とっても残念な気持ちになります!

とある企業さまに出張でayanohaボディーワークをご提供したときに、従業員の方に帰りがけにそっと声をかけていただきました。

「ヨガスタジオに行く時間があれば、寝ていたい。」

それが働く人の大多数です。
正直、ポーズもきれいにはとれません。
気持ちよく感じる時もあれば、気持ちよくない時もある。

それでも、自分の中でホッとする何かを感じて、毎回、楽しみに通ってくれています。

腕が1センチ、前回より上がるようになった。
そのご本人の小さな喜びに、一緒に気づいて喜べる人でありたい。

講師とか経営者とか自分のアイデンティティーとか、そういうことが付加価値とするならば、そういうことを置いたところで、真っ裸になって、わたしもayanohaの講師陣も、ayanohaと出会ってくださった皆様と、向き合いたいと思っています。

ayanohaメソッドは医療的治療の手助けをします。
病院に通院中の方もお気軽にお越しくださいませ。

ayanohaメソッドを体験された方々の嬉しい声

全国誌など様々なメディアでご紹介頂いています!

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!