台風19号の後で

こんにちは。ayanoha代表大城綾です。

台風19号の被害に遭われた方々は、
1日でも早く安らかな生活に戻れるよう、心からお祈り申し上げます。

こちら浜松では、お水や電池が台風が来る数日前から、売り切れ状態になりました。
私は、その現実に、色々と感じることがあり、インスタやfacebookに投稿したところ、個人的に生徒さんから感じたことのメッセージをたくさん頂きました。
こちら

何が正しい正しくないかなんて全くなく、みなさん、それぞれが、違う場所で今回の台風で様々な気づきがあったかと思います。
私も、東京都内や千葉の生徒さんのことを思うと心配でたまりません。
テレビをつけると悲しい思いで胸がいっぱいになりますね。
私はこんな時こそ、自粛するよりも、しっかりと悲しい気持ち、辛い気持ちを感じきり、被害に遭われた方々が早く安心できる生活に戻れることを心から祈ること。

現実に目を向け今日を一生懸命生きることが、人間としての根本のあり方ではないかと思います。
何事もなかった方々は今の生活があることに、内心安心されているかと思いますが、それは決して不謹慎なことではありません。

メディアの力でいろんな感情を掻き立てられますが、それに振り回されずに、地に足をつけ、いま、自分が何をするのが全体の幸せなのか?考えていきたいですね。
SNSでは、言いにくいことですが、あえて言葉にさせて頂きました。
自然は今日、どうしているのか?散策してみました。

台風19号の後で

壊された自然を思うと、胸が苦しくなり、途中涙がこみ上げましたが、2500メートルも旅をするアサギマダラという珍しい蝶々に偶然にも出会いました。
優しく伸びをするかのように落ち着いて、そこにいる姿に、教えられるものがありました。
少しでも、みなさんの心の中が、安心できますように・・・

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!