依存しあわない関係性。自然と自立を促していく指導。本当の意味で自分を大切にすること。

ayanoha認定講師・野瀬よし子先生− 関東 −

ヨガインストラクター/ayanohaボディーワークプラクティショナー

ずっとずっと受講できるタイミングを心待ちにしていたayanohaボディワークプラクティショナーコース。
全ての講義と試験が終わって
一言『やっぱり間違ってなかった!』とただただ嬉しく、自分の中で何かが変化していく感覚を
その時、そしてその時以上に今も感じています。

初めてayanohaボディワークレッスンを受講したときは、本当にシンプルすぎる動きに
浅はかにも『簡単』と動きに対して感じていました。
本当に形、動きは、小学生のお子さまからお年を召した方まで誰もが気負いなく受講できるほど優しいものです。
でも、仙骨調整の動き、マユリアーサナ、マインドフルネスなど、一つ一つの動きの完成までには
機能解剖だけでなく、脳の人に働きかける仕組みだったり、古武術を用いた指導方法だったり、
多方面からのアプローチが盛り込まれています。
その深さに毎回毎回『すごいすごい!』と目からうろこでした。

ココロがゆるむとカラダもゆるむ。
左右差のあった身体が、セッションを終えると本来あるべき位置に戻っている感覚。
私はZOOMで受講していました。
なので、画面越しに、先生のレクチャーだけで動いていたので、
先生からの直接のアジャストはありませんでした。
それでもココロの変化と同時に、カラダの変化も感じた時間。

依存しあわない関係性。自然と自立を促していく指導。
本当の意味で自分を大切にすること、そのままでいいんだよと人と比べる必要のないことを
シンプルだけど深い意味を持って教えていただいた時間でした。

ずっとフィットネスの世界でしか指導経験のなかった私には
自分がかわる素敵なご縁で、機会でした。

身体を動かすとスッキリする。いい汗をかいた。
先生今日も最高に楽しかった。
お陰で身体が変わってきた気がする!
という言葉もいただいてきた経験もあります。
すごくありがたいお客様からの言葉です。

でもその時は、
ありがたく感じつつ、何か違う、何か足らない、と
もっとアプローチの仕方が他にあるんじゃないかと
その場しのぎでレッスンしているような自分に限界を感じていました。

でもayanohaボディワークに出会い学べたことで、
違う何か、足らない何かの答えを 言葉ではうまく言い表せないけれど
感覚でつかめてきています。

明らかに、指導させていただく上で、自分の確固たる土台がしっかりと
築き上げられ、目に見えて相談してきてくださるお客様が増えたこと。
興味本位ではなくて、真剣なまなざしの方が増えたこと。
相手は鏡。
ひょっとしたら私自身の姿勢が、そのままお客様に反映しているのかもしれません。

まだまだスタート地点にたったばかりですが、
ayanohaボディワークを通して、
ココロとカラダのケアを大切にする時間、そして生活習慣化するきっかけを、
人生を楽しく生きていくための一つの方法として、一人でも多くの方に伝えていけたらと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

野瀬よし子先生のプロフィールはこちら

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!