ayanoha認定スクール卒業生紹介/ayanohaボディーワークプラクティショナー 「野瀬よし子」

野瀬よし子− 関東 −

ayanohaボディーワーク プラクティショナー

『誰かの役に立ちたい』
『喜ぶ顔をみたい』

物心つく前からその思いはずっとあった私。
たぶん子どもなら持っているもの。
それが人一倍強かった。

家族だけでなく出会う人すべての人に少しでも貢献したい。
その術を見つけるために
ここまできた気がします。

小学生で水泳を始めた当初は、通っていたクラブからオリンピック選手が出たこともあり、オリンピック選手になりたいな~と密かにおもっていました笑)。人を押しのけてまで上にいける性格でもなく、それ以上に実力がないことがわかり、小学生の時点で早くも断念。

自分はどんな人でどんなことが向いているのかな・・・?
ずっとずっと自分探しの旅にでていた気がします。

とにかく小さいときから身体を動かすのが大好き。
小学校にある一輪車にどうしても乗りたくて、親に買ってもらって時間を忘れるくらい練習したり、
後方ブリッジができる友だちに近づきたくて布団で練習したり。
1キロ続けて泳いでみたくてひたすら止まらず泳いだり。
できるまでひたすら努力する根性だけはありました(笑)。
でもできたからアスリートの道につながる環境にいきつくようなご縁もなく、でも勉強がダメダメな私には運動しかなくて、
とりあえず運動、スポーツにしがみついていた感じがあります。

体育大学を卒業後、フィットネスクラブに入社。
0歳から一生涯の健康づくりに貢献。
5年勤め退職し、少しの時間を経て、フリースポーツインストラクターに。

結婚し、第二子を出産した半年後、
主人の仕事の関係で浜松を離れ、さいたま市に引っ越し。
知り合いもいない新しい土地ということで、一先ず育児に専念。
このころは既に主婦として生きる道だけを考えていました。
さいたま市に引っ越して半年たったころ、公園で出会ったママ友とのちょっとした会話から興味をもってもらい、
まだ1歳の息子を傍らに置いて、皆の協力をいただきながら
ヨガのレッスンを開始。

子育て中のお母さん方を中心に、子連れ可能のヨガ教室を開催しました。

同時にもっと具体的な社会貢献ができる何かはないか模索し始めます。

私には運動しかない。運動により支えられ今まできた人生。
運動により、返していきたい。
ヨガ?エアロビクス?体操指導?
誰でも気軽に、自分を大切にできる場所を提供できる人になりたい。

運動指導の技術はあるけれど、、、
これでは質の高いものを提供していると自信を持って言えない。
正直息詰まっていました。
その思いが強くなればなるほど
フェイスブックで見ていたayanohaの記事を見る度に、何とかここで学べないか。でも小さい子達がいるいまでは諦めるしかないかな。子どもたちが一人で何でもできる年まで待つしかないのか。
葛藤を抱えていました。

神様はいるんですね。
ネット回線で受けられるという情報を入手。
実家帰省のタイミングで、ayanohaのレッスンを体験。
目から鱗。言葉で表せないほどの爽快感に受講を決意!! 
色んなタイミングが綺麗に合致。すすめ!!と言わんばかりに2019年4月から受講させていただくことができました。
2019年6月、ありがたくも合格をいただくことができました。これから関東を中心にayanohaボディワークを広めてこうと日々練習中です。

どうぞよろしくお願いいたします。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

いちばん新しい記事!

自分で選べる良さがあります