手足をどこから動かせば良いのか?その一つで力が抜ける・慢性的な痛みを解消!

手足をどこから動かせば良いのか?その一つで力が抜ける・慢性的な痛みを解消!

こんにちは。
ayanoha代表大城綾です。

昨日は、古武術研究家でもあり整体師のよーちぇる先生をお招きし『体をゆるめて自分や相手との心地よいつながりを再構築する』 整体師 よーちぇる先生✖︎ayanoha代表 大城綾のワークショップを開催しました。

・慢性的な腰痛・肩こりを抱えている方
・ヨガのポーズを力づくでやってしまっている方

すごく多いと思うんです。

1日は24時間あるわけで、その中で特別な30分の練習を一生懸命やるよりも、日常の立ち方・体の動かし方を変えていくことが体の基本の動作に繋がるもっとも大切なことだと思っています。

よーちぇる先生の学びは、「とてもとても、地味であり(笑)見た目にわかりやすいものではない」です。

手足をどこから動かせば良いのか?その一つで力が抜ける・慢性的な痛みを解消!

ayanohaも同じくです。
派手で難易度の高いポーズを練習していれば、その成果もわかりやすいけれど、それに至る前に、まずもっと基本をやってみようね!っていうところなので、大変地味です(笑)

でも、土台作りをしっかりとするからこそ、守破離の如くダイナミックなポーズも自由に動く時も、もっと安心した上で心地よい自由を追求できると思っています!

昨日の学びも1回目の学びと内容をグッと変えて、素晴らしい深い学びになりました。

愛が溢れ 与え愛 拾う愛 〜ありがとう。ayanohaリニューアルを終えて〜

まず、ペアで「力を入れて押す」時と、「力を抜いて鎖骨から動かす」の違いを感じる。
力を抜いて押されると押された方も心地よいし、押している方も心地よい。

手足をどこから動かせば良いのか?その一つで力が抜ける・慢性的な痛みを解消!

これらを踏まえて、上半身から始まり下半身・そして歩き方・立ち方まで行いました。

手足をどこから動かせば良いのか?その一つで力が抜ける・慢性的な痛みを解消!

能楽師の方は「かかと重心」を大切にされていますが、私もその理由がいまいち体感できていなくて、昨日ははっきりと、かかとに重心を置くとここまで身体が重力と床反力で楽に立てるんだ〜!ということがわかりました。
つまり、立っている時すら「地球に立たされている如く楽に立つ」感覚です。

これは、何度も何度もなんども〜!練習します。

手足をどこから動かせば良いのか?その一つで力が抜ける・慢性的な痛みを解消!

さて、次は私の出番です♪

こちらもペアになり、簡単なポーズから、難易度の高いポーズまでを「股関節と鎖骨」を起点に動くワークをしました。ヨガの先生やセラピストさんにも、ぜひ持っていると良いアジャストの方法です。
確実にクラスや施術のスキルがアップすると思います。

難しいポーズを力づくでやって身体を痛めてしまったり、呼吸が浅いのにそれで良しとして続けてきてしまったり、そういう人たちをたくさん見てきて、本質的なところのズレをいつも感じてきました。

手足をどこから動かせば良いのか?その一つで力が抜ける・慢性的な痛みを解消!

とにかく、自分に優しくしてあげることは心の面だけではなく、セロトニンの分泌も促したり副交感神経を優位にしてあげたりと、解剖学的に考えても理にかなっていることばかりです。

猫のポーズのバランスバージョン・これって骨盤を水平にして手足を前後に伸ばすのって意外にとっても難しいですよね!!

手足をどこから動かせば良いのか?その一つで力が抜ける・慢性的な痛みを解消!

でも、よーちぇる先生の体の使い方を意識しながら、ペアワークでサポートしながら練習したらあきらかに前後で変化しました。
みなさん、感動の嵐!!

手足をどこから動かせば良いのか?その一つで力が抜ける・慢性的な痛みを解消!

この一回の練習・気づきが次回のからの練習・明日からの体の使い方・座り方・向き合い方につながります。

ayanohaでは、これからも、みなさんの日常に役立つ・凝り固まった価値観に新しい風を吹き込むような、充実する学びをご提供していきますね。

よーちぇる先生との学びはこれからも定期的に開催していきますので、要チェックしていてくださいね!

次回の課題とやりたいことがムクムクと湧いてきました♪

〜大城綾の特別クラス 3月はこちらです〜

旧暦朝美人クラス/〜肩甲骨を開いて花粉症ケア〜/ayanoha ボディーワーク By ayanoha代表大城綾
2019年3月30日 @ 7:00 AM – 8:00 AM 詳細

ayanoha代表大城綾の朝活週間!瞑想・マインドフルネス+朝そば オンラインでも参加OK
2019年3月31日 @ 6:30 AM – 8:15 AM 詳細

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!