『マインドフルネス』ってなにするの?

  • おはようございます。

情熱を秘めたハートでさらりと寄り添う

インストラクターの土戸美里です。

 

梅や河津桜の花が咲き始め、少しずつ冬から春へ季節が移り変ろうとしていますね♡

 

さて、タイトルにある「マインドフルネス」

ayanohaボディーワークのクラスでは、一番最後にマインドフルネスを行います。

初めてその言葉を聞いたとき、「一体何をするの?」「ちょっぴり怪しい!?」なんて思ってしまった私です。

マインドフルネスをしたことがなくても「マインドフルネス」という言葉は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

マインドフルネスとは、簡単に言うと『今、ここに意識を持つ』方法です。

 

『何をするの?』と言うと、マットの上に仰向けに寝て、インストラクション通りに意識を向けるだけ♪

気を付けることと言えば「心地よいけれど、眠らないようにする」

それだけなんです。

 

これは例えばの話。

今このブログを書いている瞬間の私。

自分の書きたいことをわくわくしながら書いているのに、少しずつ意識が他のことに…

「満月がきれいだわ♡」「あの時●●したこと。あれでよかったのかな?」「あっ、歯医者はいつだっけ?」

(実際は、もっといろいろなことがごちゃごちゃと…)

他のことに意識が向けられている=集中できていないんです

 

真剣に書きたいので、集中!!しますね。笑

 

 

私達の日常。

仕事、家事、子育て、遊び…忙しい毎日。やりたいことがたくさんあって『今』だけに集中するなんて無理!という声が聞こえてきそうです^^

頭はいつもフル回転。

常に過去と未来のことを考え忙しい思考。

計画を立てたり行動を起こしたりする働きを担う大脳新皮質は、休みなく働き続けています。

 

ayanohaでマインドフルネスを体験するまで、私は本当に「過去と未来」を生きていたように思います。

極端に言えば「今」は「未来のための通過点」と思っていました。

〝こうしたい〟という今の気持ちを感じると同時に、過去の経験を思い出しどうせ無理だと諦める。

〝こうしたい〟という今の気持ちがあるのに、それが未来につながるのか、見えない未来に不安を感じ諦める。

 

「今ここ」の自分の気持ちは、過去と未来ばかりに気を取られ、ないものにしてしまっていた。

 

過去は過ぎたこと、未来はまだ起きていないことなのに…

 

『今』だけに意識を向けられている時間。

日常の中にどれだけありますか?

 

海外では「心の筋力と柔軟性を鍛える」ためにマインドフルネスを取り入れている企業があるそうです。

『マインドフルネス』ってなにするの?

「今」この瞬間の本当の気持ちに気付き、それを大切にしていく。

大切な今を積み上げていけば、見えない未来だって不安に感じることはなく、見えなくてもきっと素敵な未来を私は築いていける!

そんな風に自分自身に、自信がもてると思うのです。

 

ayanohaのマインドフルネスは、ボディーワークを行い筋肉の緊張をゆるめてから行います。

ゆるめて、整えて、自分の中心に戻った後のマインドフルネス。

身体に意識を向けやすく、集中しやすくなるのです。

心と身体が整うボディーワーク、その上マインドフルネスで脳も心もさらにリラックス…。たった一時間なのに、何時間も睡眠をとった後のよう。『リセット』される、そんな心地よさを感じることができます。

 

ayanohaには、個性豊かなインストラクターがたくさんいます。

それぞれの声色や話し方ももちろん違うので、いろいろなマインドフルネスが体感できますよ♪

 

私の担当クラスは

毎週金曜日19時30分から20時30分です。

明日2月22日(金)

2時間前までご予約可能です。

 

ayanohaでは月曜日から土曜日まで毎日ボディーワークのクラスがあります。

クラスの時間も、40分、60分、90分と様々。

御都合に合わせて選んでいただくことができます。

 

ご予約はこちらから

WEB予約 ボディーワーク(ヨガ)

ayanohaメソッドを体験された方々の嬉しい声

https://ayanoha.co.jp/category/user-voice

全国紙など様々なメディアでご紹介いただいています

ayanohaメディア情報<雑誌・ラジオ・新聞・監修記事>

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

いちばん新しい記事!

シニア向け体験クラス始まります♪