次世代起業家育成事業*浜松市立北浜小学校で、呼吸する大切さと夢についてお話させていただきました

みなさん、こんにちは。

独特の言葉づかいと佇まいがクセになるインストラクターのユカ♪です。

2019年2月5日、代表の大城綾が浜松市立北浜小学校に伺い、小学6年生の皆さんにayanohaボディワークを体験していただきました。

これは浜松市の次世代起業家育成事業の一環。市より依頼を受けて行ってまいりました!

*次世代起業家育成事業についてはこちら*
浜松の未来をつくるのは君たちだ!「浜松みらい塾」 (次世代起業家育成事業)の開催について

 

体育館で準備をして待っていると、子供たちがバスタオルを手に入ってきてくれました。

おっ・・・ヨガマットを持ってきている子もちらほらいます!

次世代起業家育成事業*浜松市立北浜小学校で、呼吸する大切さと夢についてお話させていただきました

まず、ayanohaボディワークの前に「わかめのワーク」という動きをやってもらいました。

はじめに少し解説をして、2人ひと組でペアワーク。

ちょっと恥ずかしいなぁ、という気持ちが見え隠れする子供達。

ザワザワしている体育館。

できたかな?あまりできなかったかな?

交代でワークをした後、感じたことを少し話してもらいました。違いを感じた子、よくわからなかった子、それぞれの答えがありました。

素敵な時間でした。

学校では「正しい答え」だけを発表するもの、と思っている子供たちも、少なくないかもしれません。

私もそうでした。

でも本当は、どんな感想も、とっても大事。素直な感想を聞けて、嬉しく思いました。

次世代起業家育成事業*浜松市立北浜小学校で、呼吸する大切さと夢についてお話させていただきました

続いてワークはさらに進みます。

普段ayanohaボディワークのクラスでやっているような、ヨガのアーサナにもチャレンジ!

子供達は、初めてのポーズに戸惑いながらも、少しずつ真剣な顔つきになっていきます。

次世代起業家育成事業*浜松市立北浜小学校で、呼吸する大切さと夢についてお話させていただきました

マインドフルネスの頃には、100人近い子供たちのいる体育館に静寂が訪れます。

体を動かして、自分の体に集中していくと、マインドフルネスにも入りやすくなるんですね。

私も普段、クラスの中でお伝えしていることではありますが、子供達の様子がどんどん変わっていくことには驚かされました。

写真を撮る音が聞こえてしまうので、シャッターを押すのをためらうほどでした。

次世代起業家育成事業*浜松市立北浜小学校で、呼吸する大切さと夢についてお話させていただきました

呼吸に集中して落ち着いてきた子供たちに、最後に大城からお伝えしたのは、「呼吸」の大切さと「夢」について。

子供達は夢いっぱい、なんて大人は軽く口にするかもしれませんが、子供達はその年齢なりに不安も抱えています。

これから先、夢を追うことが辛くなるときが来るかもしれない。夢が何だったか、わからなくなるときが来るかもしれない。

そんなとき、呼吸を思い出してみてほしいな。

ボディワークとマインドフルネスのおかげか、聞いている子供たちの、まっすぐな眼が印象的でした。

今日の体験を、何年か後に思い出してくれる子が、ひとりでもいてくれたらと願います。

 

立ち会ってくださった先生方も、呼吸の大切さ、その効果に驚かれていました。

ストレスフルといわれる現代。大人も子供も、深く呼吸できる時間を持てるといいですね。

貴重なお時間をいただき、大城始め私たちインストラクターも、普段はなかなかできない経験をさせていただきました。

北浜小学校の皆さま、ありがとうございました。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!