10月 ayanohaボディーワーク レギュラークラスのテーマ 〜開く夏から閉じる秋冬へ・痛みや弱さと向き合い自分を整える〜

10月 ayanohaボディーワーク レギュラークラスのテーマ
〜開く夏から閉じる秋冬へ・痛みや弱さと向き合い自分を整える〜

10月 ayanohaボディーワーク レギュラークラスのテーマ 〜開く夏から閉じる秋冬へ・痛みや弱さと向き合い自分を整える〜

皆さん、こんにちは。ayanoha代表大城綾です。
10月のayanoha ボディーワーク レギュラークラスのお知らせとテーマです。
10月15日からayanohaのクラスはグッと増えます。
お仕事帰りに、家事の合間に、お休みの日に、みなさまのそれぞれのシチュエーション、生きる日常のシーンで、からだをノビノビとゆるめたり呼吸しにいらしてくださいね。

10月からフレッシュな講師陣であると同時に、ここで講師になったばかりの先生方は、辛いことや悲しいこと、いろんな自分の弱いところも受け入れ、それでやっとここに立っています。だからこそ、皆さんと近い距離で心の奥がふんわり楽になる何かを一緒に体験できると思います。

さて、10月のテーマは〜開く夏から閉じる秋冬へ・痛みや弱みと向き合い自分を整える〜です。
春夏は、心も自然と開放的になってお出かけしたくなったり新しい何かにチャレンジすることもたやすくなったりしますね。
骨盤や肩甲骨周りなども自然とゆるみ呼吸しやすくなります。
イメージしやすくいうと、冬はからだが硬いけれど、夏はからだは柔らかいですよね。
お風呂上がりの柔らかいからだ、というともっと想像しやすいかもしません。

でも反対に、秋から冬にかけてからだがしまってきます。
そうすると、心も内向的になったり行動も保守的になります。
なんとなく、ネガティブなイメージを連想させますが、これも四季の変化に順応するための必要なからだの反応なんです。

寒ければ毛穴が小さくなって熱を溜め込もうとします。それは皮膚も骨格も同じで寒さから凌ぐために骨格も縮まるのです。

だからこそ、この縮まる時期をポジティブに捉えて逆にこの反応を活かしてしましましょう。

10月 ayanohaボディーワーク レギュラークラスのテーマ 〜開く夏から閉じる秋冬へ・痛みや弱さと向き合い自分を整える〜

歪んだ骨盤や肩甲骨周りを緩めて、整えてそれから中心に戻す。
私生活では、春や夏に習得したものを復習してみて、心と身体に落とし込む。
読書の秋とはよく言ったものです。

ayanohaボディーワークでは、10月はゆるめて整える「仙骨調整⇨骨盤調整」にフォーカスし今の時期にぴったりの動きをしていきます。

10月 ayanohaボディーワーク レギュラークラスのテーマ 〜開く夏から閉じる秋冬へ・痛みや弱さと向き合い自分を整える〜
仙骨周りのゴワゴワっとした違和感や時に痛みも感じるかもしれません。
それすらぜひ感じてみることが大切です。
あ〜いま、からだってこんな状態なんだなって。
からだの弱みを感じることは自分の心の弱みと向き合う練習にもなるので、とても良い実践です。

そうやって痛みや自分の弱い部分と向き合ってあげると、次の骨盤調整では歪みや左右差も調整しやすくなります。
自分としっかり向き合うことで、やっと調整することができるのです。

ayanohaボディーワークって、なんか深い・・・
今、書きながら感じてしまいました!笑。

10月 ayanohaボディーワーク レギュラークラスのテーマ 〜開く夏から閉じる秋冬へ・痛みや弱さと向き合い自分を整える〜
呼吸の膜、横隔膜がゆるむ寝た状態でのマインドフルネス・呼吸法

クラスは昼から夜まで40分〜90分まで様々のバリエーションであります。
ぜひ!お待ちしております。

クラスの詳細・スケジュール・インストラクターはこちらです⬇︎
クラス・詳細・スケジュール

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!