aynoha BODY WORK アヤノハ ボディーワーク
ヨガ メインイメージ

ヨガよりも、もっと自由にからだを動かし、こころを軽くする


ayanoha ボディーワークとは、ヨガをベースに発展させたココロとカラダのケアです。
ヨガに比べて、柔軟性に関係なく、からだが硬くても運動不足の方でも簡単におこなうことができます。また、楽なからだの使い方が身につくため、所作が自然と美しくなったり、呼吸が巡る楽な姿勢を作ることができます。

前半では、いきなりきついストレッチをするのではなく、まず筋肉の緊張を穏やかにゆるめるポーズを行います。筋肉のポンプ作用により血流が良くなるため、後半には敬遠しがちな力強いポーズや、柔軟性が求められるポーズも楽に行うことができるでしょう。

無理しない、我慢しない、自分に優しくすること

従来のきついストレッチなどで、柔軟性を高めることや、筋肉を鍛えることで健康へと導く方法とは真逆のアプローチです。その分、派手さはありませんが、地味だけれど、続けていけばその場しのぎではない、こころとからだの真の強さが身についていきます。

ayanohaメソッドでは、古武術や合気道など「戦わない・争わない」人や他人にも優しい物事の捉え方や、からだへの意識の向け方を取り入れています。自然の摂理に沿った、理にかなったからだの使い方、心の持ち方をすることで、日本人が本来持つ、潜在的な内なる美しさが自然と引き出されます。

ゆるめて、働きかけて、整える


不調になった身体を ayanoha ボディーワーク では、どのようなアプローチで健康な身体へと導いていくかを、ポイントを絞ってご紹介します。

1

自分のカラダを感じる 〜自分の状態に気づく〜

腕や首の可動域など、今の状態を自分で確認

まずは普段、無視してしまっているからだやこころの状態に気づくことから始めましょう。
忙しかったり、日々の目標や、やることに追われていると、自分の状態から目を背けたくなります。でも、大きな病となる前に、自分のこころとからだの声を聞いてあげましょう。正しい・正しくないの判断をするものではありません。
ただ、今の状態に気づく、感じてあげる、それだけで十分です。


2

緊張をゆるめる 〜首周りと仙骨〜

脳幹(のうかん)と仙骨から出発している副交感神経を刺激

Mayuri asana 前腕クロス 1番〜4番

Mayuri asana イメージ写真

東洋医学では、手の緊張は心の緊張の現れだと考えられています。実際に、胸の筋肉から腕の筋肉はつながっているため、心が緊張するとギューっと手に力が入ります。MAYURIアーサナの1番と2番では、鎖骨・肩甲骨・肋骨周りなど呼吸器に関わる筋肉を大きく動かすことができます。それらの筋肉の緊張をゆるめることで、横隔膜の動きもスムースになり、血流・リンパの流れがよくなったり、圧迫されていた神経系の伝達も良くなります。

また、マユリアーサナ3番4番では、首回りのほぐしにくい小さな筋肉をゆるめてくれます。脳の中心に位置する生命維持を司る大切な組織・脳幹(のうかん)にも働きかけ、ホルモン分泌や呼吸運動、神経系のバランスを整え治癒力をアップさせていきます。

Bhruna asana 仙骨調整

Bhruna asana イメージ写真

仙骨は、脊柱(背骨)・骨盤を支えており、骨格全体の中心です。その為、仙骨が歪むと体全体に影響します。

また、仙骨は身体をリラックスさせる副交感神経がある場所です。緊張状態にあるからだをまずリラックスさせます。また、仙骨周辺の筋肉をゆるめる事で、身体全身の歪みを整えていきます。


3

体幹を鍛える・正中線 〜コアな筋肉の強化〜

普通、動かしづらい姿勢維持筋(姿勢をキープする筋肉)に働きかけます

ゆるめた後に、体幹を鍛えていきます。
表層部の筋肉をゆるめ、力の入っていない状態でアーサナ(ポーズ)をとることにより、コアな筋肉に働きかけることができます。コアな筋肉とは「内転筋・大腰筋・脊柱起立筋」など姿勢を維持するための筋肉ですが、よっぽどトレーニングを積んだ人でないと無意識的に働く部位なので意識しにくい筋肉です。最初に表層部の筋肉をゆるめることで、これらの筋肉へと自然と負荷をかけることができるので、初心者でも簡単に体幹を鍛えることができます。

緊張したまま鍛えている状態 イメージイラスト

緊張したまま鍛えている状態

ゆるんだ状態で体幹を意識すると深層部の筋肉を鍛える事ができます イメージイラスト

ゆるんだ状態で体幹を意識すると深層部の筋肉を鍛える事ができます


4

マインドフルネス 〜今に集中する〜

脳のストレスを解消し、自分らしさを取り戻す

最後はストレスを軽減する呼吸法と瞑想をおこないます。今、ここに生かされていることを感じていきましょう。

私たちは、常に過去と未来に忙しく過ごしています。
過去の失敗から未来を不安がり、未来の希望を抱けば過去の失敗を思い出します。大脳新皮質が忙しく働き、脳が休むことなく働き続けます。

ayanoha 独自のマインドフルネス瞑想は「今、ここ」に意識を向け、今を生きることを身体で感じていきます。 頭ではなく体感することで心身ともにリラックスし、大脳新皮質の働きすぎを抑制、脳幹を活性化し呼吸が自然と深くなり自律神経系の乱れを整えてくれます。

不調のメカニズム。なぜ緊張すると良くないの?

Healthy
不調のメカニズム 健康状態

それぞれの機能がしっかりと働いている。
巡りが良い。

Un Healthy
不調のメカニズム 不健康状態

それぞれの機能が役割をはたせていない。
巡りが悪い。

血管・神経・リンパは全身に張り巡らされています。それらの組織を守るようにして覆っているのが筋肉。この筋肉が緊張すると、まるで身体を真空パックしたかのようにキューっと圧迫してしまい、巡りが悪くなります。
巡りが悪くなれば、本来無意識に働いていた身体の機能が低下し、心もまた不調になってしまいます。

ayanoha BODYWORK(ボディーワーク)で大切にしていること


力を抜くと力が入る

何か目標に向かってグッと力を入れて頑張っているとき、カラダはキュッと緊張しますね。たまにはいいと思いますが、それがいきすぎてしまったら、力を抜いてみませんか?

実は、呼吸の仕組み上、パワーが出る時は「吐く息」なのです。そう、力を抜くと力が入る。

それは、頑張らなくても、自分の能力や才能を発揮して生きていけることを教えてくれているかのようです。

詳しい記事はこちら

「ありがとう」の気持ちでカラダと向き合う

ayanoha スクールでは、二人一組でペアになり、相手の腕を力づくで上から押さえるとどうなるか?というワーク(実験)をします。押された方は押し返すようにして、そこから逃げようとする方法と「ありがとう」という気持ちで受け入れてから離れる方法と両方体験します。

不思議ですが100%の方が「ありがとう」で受け入れて離れると相手の力がスッと抜けていくことを体感しました。そして、お互いとても幸せな気持ちになるのです。

これは合気道の練習でもあります。力を躱し(かわし)真っ向から立ち向かわない。自分と対立しない、硬いカラダを力を使って無理に伸ばさない。それはカラダへの優しさです。

今、ここに生かされていることを感じる

あなたが、ここに生きていること。実はそれだけで成功者なのです。

2億個の精子の中から奇跡的に受精しここに”生かされている”息を吸えば、酸素をカラダの隅々まで細胞が届けてくれます。この一瞬一瞬が生かされていること。

ついつい様々な心配事からいろんなものが欲しくなってしまったり、足りないような気がしてしまいますね。 カラダを心地よく動かすと”生かされていること”に感動します。

理にかなった身体の動かし方・最小限の力を大きな力に変えて動く

あなたの股関節は硬いと感じるでしょうか? でも、本当に硬いでしょうか?もしかしたら、その硬さは思い込みかもしれません。

股関節は球状にできていて実はどの方向にも動きます。力を抜いてゆるめてから動いてみましょう。

ayanohaでは、正しいからだの動かし方を理解しただけで体験された殆どの方が、カラダの硬さとは関係なく柔軟性の向上を感じました。

Let's try together !

アヤノハボディーワークの考え方に基づいた独自のポイントをご紹介いたしました。この他にも実際のボディーワークのクラスでは、身体をゆるめて中心に戻す事を軸に、本当の「わたし」に戻っていくための様々な動き(ポーズ)をしていきます。
初心者の方やお母さん向けのクラス、お子様連れでもOKなクラスを用意しておりますので、お気軽に体験してみてください!

ayanoha 代表 大城綾から出会ってくださった皆様へ


今日、ここでayanohaに出会ってくださり、ありがとうございます。 このご縁にとても感謝いたします!

日本語にはカラダを使った言葉がたくさんあります。 それは、わたしたち日本人が古来からカラダの声を大切に、四季の変化や自然のリズムと上手に調和し、変化を愉しみながら生きてきたことがわかります。

  • 腹が据わる
  • 肩の荷が降りる
  • 一息つく
  • etc…

そっと耳を澄ますと、カラダの声が聞こえてきます。 そこには、運動神経がいいとか、カラダのことを詳しいなどは関係ありません。

人生を駆け足で急いで進むばかりでなく、少しそこに佇み、深呼吸をしてみませんか?

ayanoha 代表 大城綾の写真

こんな方にオススメです

  • 身体が硬くてヨガができない
  • ヨガを練習していて、ヨガに縛られてしまっている
  • 基本的にとても運動不足で、身体と向き合うのが怖い
  • 肉体労働・長時間のデスクワークをしている
  • 身体の動かし方を知りたい
  • 慢性的な腰痛、肩こりがある
  • ウツや不眠など、心の疾患を抱えている
  • スポーツをする方やダンサーなど身体を使う方
  • ついつい痛みを我慢して何かをしてしまう方
  • 先を急ぐことで無駄な動きをしてしまう方
  • チャレンジすることへの抵抗感が強い方
  • 瞑想したいけど、座れない方
  • 男性でヨガを敬遠されている方

症例

緊張性頭痛 腰痛 喘息 肩こり 首こり アレルギー アトピー 生理痛 生理不順 不妊 PMS 圧迫骨折 ヘルニア ギックリ腰 ストレートネック ウツ 不安障害 過敏性腸症候群(IBS)不眠症 etc

マインドフルネス瞑想の効果

    健康の促進

  1. 免疫機能を高める
  2. 痛みを鎮める
  3. 炎症を細胞レベルで抑える
  4. 幸福感の促進

  5. ボジティブな感情を増進
  6. うつを抑える
  7. 不安症を抑える
  8. ストレスを緩和
  9. 人間関係の改善

  10. 人間関係を拡げ、EI(感情的能力)を高める
  11. 思いやりのある人になる
  12. 寂しさを減らす
  13. 自己コントロールの促進

  14. 感情の制御力を高める
  15. 内省する力を高める
  16. 脳の開発

  17. 灰白質を増やす
  18. 感情の調整、ポジティブな感情、自己コントロールなどに関わる部位の量を増やす
  19. 注意力に関わる部位の皮質の厚さを増やす
  20. 生産性の向上

  21. 集中力と注意力を高める
  22. マルチタスクの能力を高める
  23. 記憶力を高める
  24. 形にとらわれない考え方を増進する
  25. 1〜19の相乗効果として、あなたを賢明にする

参考文献

世界トップエリートが実践する集中力の鍛え方

〜ハーバード・Google ・facebookが取り組むマインドフルネス入門より引用〜

マインドフルネスの効果

〜心理学専門誌 Psychogy Today 「今日からメディテーションをはじめる科学的20の理由」/ 2013年9月11日

ayanoha BODY WORK(ボディーワーク)出張プラン出張プランを申し込む

ayanoha BODY WORK(ボディーワーク)をご自宅や友達どうしのサークルで体験してみませんか?

こんな方におすすめです!

  • ヨガやボディーワークに興味はあるけど、スタジオでやるのは気が引ける。
  • 子供が小さいので自宅に来て欲しい。
  • ママさんサークルの集まりで体験したい

基本料金 5,000円 受講者1人様 1,000円

例:6人で受けた場合
基本料金 5,000円+6,000円=合計 11,000円
お一人様あたり 1,833円

※ 浜松市内は交通費を含みます。市外は別途交通費がかかります。

ayanoha BODY WORK(ボディーワーク)女子会プラン

女性限定!グループレッスン〜ayanoha女子会プラン

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

初めてayanoha BODYWORK(ボディーワーク)を体験される方へ


  • お食事は2時間前までにとるようにして下さい。どうしてもお腹がすいている場合は、ゼリーや果物など軽めのものをお勧めします。
  • ayanoha ボディーワークでは、ヨガの時にアジャスト(手で触れて誘導)や体の緊張している部分をほぐすなどして体に触っていく場合があります。もし抵抗がある方や、持病をお持ちの方、過去に重い病気・怪我・ぎっくり腰の経験をお持ちの方や極度の腰痛の方は事前に必ずお伝えください。
  • 妊娠中の方は、マタニティプライベートレッスンをおすすめしております。
  • レッスン中の事故や怪我には責任を負いかねますので決して無理はされないように、疲れたら子供のポーズまたはシャバーサナ(あお向けで寝るポーズ)で休みましょう。
  • 初めての方は、カウンセリングシートをご記入いただいておりますのでレッスンの10分ぐらい前にお越しください。初回の方で遅刻された場合はレッスンが受けられないことがありますのでご了承くださいませ。