ipponblade制作職人モクエン・ワカクリによる下駄の鉋がけとPOP UP SHOP

いつ:
2021年9月18日 @ 1:00 PM – 4:00 PM
2021-09-18T13:00:00+09:00
2021-09-18T16:00:00+09:00

履けば子供も大人も誰もが楽しい次世代型一本歯下駄ipponblade!

一本歯下駄は世の中にたくさんありますが、ipponbladeと既存の一本歯下駄は似て非なるものです。

履物を超えて、乗り物とも言えるこの一本歯下駄ipponbladeは、竹馬や缶ポックリのような感覚でありながら、身体の深い部分が伸び上がるような爽快感。

歩くだけでなく、跳ねたり、走ったり、踊ったりもできるスポーツにも適した一本歯下駄です。

ipponblade制作職人モクエン・ワカクリによる下駄の鉋がけとPOP UP SHOP

ipponbladeが世に誕生したのは、代表小平天のアイデアを具現化できた木工職人モクエン・ワカクリ氏の存在があってこそ。

幼き頃から裸足で山を駆け巡り、電気や水道も通らない山の中で自給自足の生活をしながら育ったモクエン・ワカクリ氏だからこそ、機能性を兼ねながら表現することのできた美しいデザインのipponblade。


そのipponbladeが出来上がる一つの工程である「ipponblade一本歯下駄の鉋(かんな)がけ」を体験できる特別ワークショップを開催します。

 

ipponbladeユーザーにとっては、待ちに待ったたまらない体験になるかと思いますが、初めての方にとっては、他では絶対経験できない一生の思い出となる特別な体験になるはずです。

 


<ippon blade イッポンブレードとは?>

ippon blade/身体開発用一本歯下駄は、開発創始者/小平天と、開発・制作責任者/中島木延によって具現化された、人間の身体構造に真にフィットする一本歯下駄です。

ipponbladeとは?

 

<ipponblade下駄の鉋がけ体験>

自分で鉋(かんな)をかけたippon bladeの歯の大きさと同じホウの板をお持ち帰りできます。

<時間>14時〜15時

<料金>3000円

<講師>木工職人/ipponblade製作者モクエン・ワカクリ

 

ipponblade制作職人モクエン・ワカクリによる下駄の鉋がけとPOP UP SHOP

モクエン・ワカクリ/プロフィール

はしるひと うたうひと つくるひと

電気も水道もない藁葺き屋根の家で7歳まで過ごす。

2018年、三十三日回峰行と銘打って、北アルプスを中心とした高山を33日間連続裸足登頂に成功。2020年にはそれを裸足千日行の一行程として毎年三十三日の連続登山を行うことを決意し、2度目の満行。

2018年11月11日、代表小平天とともにオリジナルの一本歯下駄「ippon blade」を発表。製作職人として下駄を作る傍ら、自らその下駄を駆って100キロウルトラマラソンを完走。これにより、裸足と一本歯下駄両方で100キロマラソンを完走した最初の人となる。

生地である北アルプスの麓で下駄を作りながら、自作の歌をうたい、好きな時に走って暮らしている。

 

 


 

モクエン・ワカクリによるPOP UP SHOPも1日限定OPEN!!

・モクエン・ワカクリの木工作品
・ipponbladeにぴったりの小物たち(風呂敷など)
・真田紐の限定カラー
・「定価」では販売できないけれど構造上同等の製品


 

*SHOPは、13時〜16時までオープンしていますので、自由にご覧頂けます。

*下駄の鉋がけは、14時〜15時の1時間です。

 

 

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!